閉じる

大谷海岸に砂の七福神 震災後初の海水浴場 開設へ

 今夏、東日本大震災後初めて海水浴場が開設される予定の気仙沼市本吉町の大谷海岸に6日、国内外で活躍する砂の彫刻家保坂俊彦さん(47)=秋田県生まれ=が制作した砂の像がお目見えし、訪れた親子連れらを楽しませている。

 像は「七福神と宝船」。高さと幅が2メートル、重さ5トンの砂で5日間で造った。七福神の柔…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ