<宮城県高校総体>サッカー、女子が常盤木学園 男子は仙台育英が優勝

仙台大明成―常盤木学園 後半11分、中央からのパスに常盤木学園・菊地が走り込み、先制のシュートを決める

ハンドボールは男子が利府、女子は聖和学園

 第70回宮城県高校総合体育大会は主会期最終日の7日、県内各地で14競技が行われた。

 サッカー女子は常盤木学園が2大会ぶり16度目の優勝を果たした。男子は仙台育英が2大会ぶり28度目の栄冠に輝いた。ハンドボール男子は利府が6大会連続10度目、女子は聖和学園が35大会連続36度目の頂点に立った。

ハンドボール男子決勝 後半7分、利府・山口が速攻を決めて27―15とする

ソフトボールは男子古川、女子は東北生活文化大高

 ソフトボール男子は古川が6大会ぶり17度目、女子は東北生活文化大高が3大会連続7度目の制覇。バレーボール男子は仙台商が2大会ぶり12度目、女子は古川学園が16大会連続41度目の優勝を飾った。

 弓道男子は白石が19大会ぶり2度目、女子は泉が16大会ぶり8度目の頂点。フェンシング男子団体は仙台城南が2大会連続9度目、女子団体は気仙沼が4大会連続11度目の栄冠を手に入れた。

ソフトボール女子決勝 要所をしのぎ完投した東北生活文化大高・安島
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る