ベラルーシ新体操 五輪事前合宿、白石市に集約

 ベラルーシ新体操代表の東京五輪ホストタウンの宮城県白石市と柴田町が、両市町で予定していた事前合宿計画を変更したことが8日、分かった。新型コロナウイルス感染防止対策で選手の移動が制限されるため、事前合宿は白石市に集約する。両市町と仙台大(柴田町)の間で合意した。

 当初の計画では、柴田町は3日間ほど仙…

残り 316文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ