閉じる

コロナ下のインド「組合員は帰国、管理職は残留」 宮城出身のメーカー勤務男性、苦境訴え

 「在外邦人の命を守ってほしい」。こんな切実な訴えが記されたメールが河北新報社に届きました。差出人は現在、インドで働いているという宮城県出身の40代男性です。インドでは感染力が強く重症化しやすい新型コロナウイルス変異株が最初に確認されました。コロナの脅威と背中合わせにある過酷な状況が、メールでのやり…

残り 1198文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ