コロナ下、移住希望者ら2・8倍に 川崎町の「空き家バンク」活況

 宮城県川崎町の空き家情報をホームページ(HP)で紹介する「空き家バンク」の登録者のうち、移住や2拠点生活の希望者が2020年度、前年度の2・8倍に急増したことが分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人口が密集する都市部を避けようと考える人が増えたとみられる。

 バンクを運営する町によると、登…

残り 432文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ