「稼げる」と自分に言い聞かせ漁師に 宮城の元協力隊員が独立

 宮城県塩釜市の浦戸諸島・寒風沢(さぶさわ)島で地域おこし協力隊員として漁業を学んでいた青野友樹さん(35)=仙台市出身=が独立し、一人前の漁師として刺し網漁に挑んでいる。島の刺し網漁師は高齢化などで約40年前の最盛期の3分1となる約5人にまで減少しており、数少ない後継者として期待がかかる。青野さん…

残り 821文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ