青葉区の時短、2カ月半ぶりに解除へ 宮城県、13日夜終了を決定

村井嘉浩宮城県知事 郡和子仙台市長

 新型コロナウイルス対策で仙台市青葉区の酒類提供店などを対象に実施している午後9時までの時短営業要請を巡り、宮城県は10日、県庁で対策本部会議を開き、期限通り13日夜で終了すると正式決定した。感染状況が落ち着き病床逼迫(ひっぱく)が改善し、高齢者らのワクチン接種が本格化した現状を踏まえた。3月25日から続く時短要請は2カ月半ぶりに県内全域で解除される。
 県と市による独自の緊急事態宣言も13日で終える。ワクチン接種状況、県内で19~21日にある東京五輪聖火リレーの人出の影響を見極めるため、リバウンド(感染再拡大)防止徹底期間は7月11日まで延長する。
 県は集客力のある在仙プロスポーツチームと連携し感染対策徹底の広報を強化する。不要不急の県外移動自粛やワクチン接種推進、飲食店の認証制度を発信する動画を作り、試合会場などで啓発活動を展開する。
 県内では7日から新規感染者数が1桁で推移。9日時点の確保病床使用率は16・8%で、政府指標の「ステージ3」と「2」の目安となる20%を下回る。
 記者会見した村井嘉浩知事は「気を緩めず『新たな生活様式』の徹底をお願いする」と県民に要請。郡和子市長も「予断を許さない状況。感染防止策徹底がこれまで以上に重要だ」と強調した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る