<いぎなり仙台>緑サイコー! 「モロヘイヤ」(宮城県大郷町)/栄養満点 夏野菜の王様

及川さん方のビニールハウスで栽培されているモロヘイヤ

 宮城県大郷町味明の及川勝彦さん(57)方のビニールハウスに、20センチ前後に育ったモロヘイヤの苗がずらりと並ぶ。5月上旬、約200平方メートルのハウスに約600本を植え、6月下旬に始まる収穫を待つ。

 最盛期の8月には、苗は大人の背丈ほどに伸び、一面深い緑に覆われる。管理に当たる勝彦さんの妻純子さん(56)は「温度と水の管理に気を使う」と言う。

 及川さん方は約20年前から、転作作物としてモロヘイヤを栽培してきた。勝彦さんの母かつ子さん(83)は「モロヘイヤは夏野菜の王様。食べる人に喜んでもらえるのが励み」と話す。

 収穫前の今は加工品を味わえる。同町中村の「道の駅おおさと」は、主に粉末にしたモロヘイヤを練り込んだラーメンやギョーザといった10品を販売。食堂でモロヘイヤうどん(500円)などを提供している。

 道の駅を運営する第三セクター「おおさと地域振興公社」総支配人の大沼俊雄さん(55)は「健康にいいので、ぜひ食べてもらいたい」とPRする。
(肘井大祐)

[メモ]新みやぎ農協あさひな地区本部によると、大郷町内では1984年にモロヘイヤの作付けが始まった。道の駅おおさとは大郷町中村北浦51の6。営業は午前9時~午後6時。食堂は午前11時~午後4時半。年末年始は休館。連絡先は022(359)2675。

河北新報のメルマガ登録はこちら
いぎなり仙台

 記者が気になる仙台圏のお薦めスポットやグルメ、話題をテーマごとに紹介するシリーズ。東北一の歓楽街・国分町での体験など、感じるままにルポします。

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る