カラフル「ルピナス」気分も上がる 十和田の観光農園で見頃

色とりどり、1万株のルピナスが見頃を迎えている
「昇り藤」とも呼ばれるルピナスの花

 青森県十和田市の観光農園「手作り村鯉艸郷(りそうきょう)」のルピナスが見頃を迎えている。黄色やピンク、紫など色とりどりの1万株が、訪れた人を楽しませている。

 ルピナスは南米原産のマメ科の植物で、見た目から「昇り藤」や「立ち藤」とも呼ばれる。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、少しでも元気が出るようにと、今年はビタミンカラーと呼ばれる黄色を多く植えた。

 農園を運営する中野渡恵さん(60)は「ここなら密にならない。自然の中で癒やされてほしい」と話した。6月末ごろまで楽しめる。園内ではハナショウブも咲き始め、これから見頃を迎える。

色とりどりの花を咲かせたルピナス=十和田市

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る