富谷市役所敷地にクマ 近隣学校に屋内退避促す

富谷市役所

 16日午前9時半ごろ、宮城県富谷市富谷の同市役所敷地内で「クマが木に登っている」と市職員から大和署に連絡があった。

 市や同署によると目撃されたクマは1頭で、体長約1メートル。市庁舎から南西に約300メートル離れた茂みにいたのを、男性作業員が目撃した。市職員が爆竹を鳴らし、クマは庁舎南東側の林に姿を消したとみられる。

 市は近隣の幼稚園や小学校などに、園児や児童を屋内に退避させるよう促すとともに、周辺の住宅街に広報車を巡回させ、注意を呼び掛けた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る