FAQ

海のプラごみでバッジ制作 仙台の団体「海洋汚染考える契機に」

 仙台市内のクリエイターらでつくる任意団体メディアデザイン(仙台市宮城野区)が、海洋プラスチックごみを原料にしたピンバッジを制作し、販売を始めた。海洋生物の体内からプラスチックごみが検出されている現状を伝え、海洋汚染を減らすための手だてを考えてもらう。

 代表の伊東利光さん(56)が作った。ピンバッジ…

残り 573文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る