閉じる

海のプラごみでバッジ制作 仙台の団体「海洋汚染考える契機に」

 仙台市内のクリエイターらでつくる任意団体メディアデザイン(仙台市宮城野区)が、海洋プラスチックごみを原料にしたピンバッジを制作し、販売を始めた。海洋生物の体内からプラスチックごみが検出されている現状を伝え、海洋汚染を減らすための手だてを考えてもらう。

 代表の伊東利光さん(56)が作った。ピンバッジ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ