閉じる

最愛の人思い聖火運ぶ 復興進む沿岸部を駆けた震災遺族

 19日に宮城県で始まった東京五輪聖火リレーでは、東日本大震災で家族を失った人たちがランナーを務めた。あの日から10年。「前を向けるようになったよ」「頑張る姿を見てほしい」。最愛の人への思いを胸に復興の進む沿岸部を駆けた。

 南三陸町の山内美代子さん(63)は南三陸さんさん商店街のそばを走った。消防士…

残り 604文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ