閉じる

丸森特産干し柿、今秋は大幅減か 4月の凍霜害で新芽枯れる

 宮城県丸森町耕野地区特産の干し柿の生産量が、4月の凍霜(とうそう)害の影響で大幅に減りそうだ。柿の木の新芽が枯れ、収穫の見込みがほぼゼロになった農家も多い。「これほどの被害は経験がない」「干し柿の里なのに…」。地区にはショックが広がっている。

 「壊滅状態。ほとんど駄目になった」

 耕野地区の農家、高…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ