閉じる

山形・下請け企業「B to C」に活路 SNS普及が県外展開を後押し

 山形県内の下請け企業を中心に、「BtoC(企業と消費者間の取引)」への進出が広がりを見せている。地域経済の低迷や新型コロナウイルス感染拡大などによる受注減の悩みを抱える中、培った技術を生かして個人向けの商品開発に活路を求めている。

 アスファルト舗装工事業のアスヲ(南陽市)は18日、オーダーメードで…

残り 873文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集