FAQ

土偶顔 金魚ねぷた販売 弘前、世界遺産登録祝う

 青森県で出土した縄文土偶をモチーフにした金魚ねぷたが弘前市の観光施設「津軽藩ねぷた村」で制作され、22日、販売が始まった。世界文化遺産への登録が勧告された「北海道・北東北の縄文遺跡群」をPRしようと、ねぷた村が考案した。

 亀ケ岡遺跡(つがる市)の「遮光器土偶」と、風張遺跡(八戸市)の「合掌土偶」を…

残り 194文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る