<スケッチみやぎ>くりでん運転 夢の時間

ディーゼルカー「KD95型」の運転体験

 宮城県栗原市の旧くりはら田園鉄道(愛称くりでん、2007年廃線)の若柳駅で、ディーゼル気動車の運転体験会があった。事前予約した4人が、くりでんの元運転士らに教わりながら気動車を走らせた。

 片道約900メートルの鉄路を運転体験する。距離の長さは全国でも指折りという。運転体験は1時間で、時間内は何度でも往復運転できる。

 東京都渋谷区の自営業大橋一雄さん(71)は今回が3度目の体験。「鉄道車両の運転は昔からの夢だった。くりでんは長い距離を楽しめるのが魅力」と語る。

 体験会は19日にあった。1人3万円で事前予約が必要。今年の体験日は8、10、11月に1日ずつあり、8月は予約が埋まった。連絡先は同ミュージアム0228(24)7961。

360度映像で乗客気分(動画の上でマウスをクリックしながら動かすと、角度を変えることができます。端末によっては動かないことがあります)
計器を確認しながら気動車を加速させる
 前照灯を点灯させて若柳駅を発車する気動車
速度計の表示は時速20キロに迫る

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る