閉じる

仙台駅周辺の雨水、広瀬川へ 地下幹線着工、五橋公園が工事拠点に

 仙台市は28日、JR仙台駅西口の大雨による浸水被害を防ごうと、駅周辺と広瀬川とをつなぐ雨水幹線の整備工事に着手した。シールドマシンと呼ばれる大型掘削機による最深9メートルの地下掘削作業を経て、2026年度に使用を開始する。

 雨水幹線は五橋公園(青葉区)を拠点に、北側は花京院(同)まで約1・6キロ、…

残り 452文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集