東北楽天、5点差追い付く 今季10度目の引き分け

5回東北楽天2死一、二塁、島内が右翼線に2点二塁打を放つ(佐藤将史撮影)

 東北楽天は5点差を追い付き、今季10度目の引き分けに持ち込んだ。

 0-5の四回、岡島の適時二塁打で1点を返し、五回は小深田の適時打、鈴木大の犠飛、島内の2点二塁打で一挙4点を奪った。今季初登板の先発釜田は4回8安打5失点で降板。五回以降は5人の継投で得点を与えなかった。

 日本ハムは先発バーヘイゲンが、五回途中5失点と踏ん張れなかった。

▽本塁打 渡辺2号(1)(釜田)

打線が底力、天敵攻略

 天敵を一気に攻略した。日本ハム先発バーヘイゲンには、ここ2年で6戦4敗、防御率1・06と何度も煮え湯を飲まされてきた。この日も四回までに5点のリードを許し、「若干厳しいなという状況」(石井監督)に陥った。それでも4連勝中の東北楽天打線には勢いがあった。

 制球が乱れ始めた四回に1点を返し、五回は束になって襲いかかった。安打と四死球で無死満塁とし、小深田の適時打と鈴木大の中犠飛で2点差に迫った。

 なお2死一、二塁で打席には島内。「連勝で来ていたので、点を取られてもいける感じがしていた」。1ボール2ストライクから投じられた内角高めの151キロ直球をさばくと、打球は右翼線へ。同点の2点二塁打で同期入団の先発釜田の負けを消し、助っ人右腕をマウンドから引きずり下ろした。

 島内は2019年の自己最多に並ぶ57打点に早くも到達し、パ・リーグの打点トップを快走する。指揮官は「諦めずに打席でもアプローチしてくれる。結果が出ていても出ていなくても、らしさがずっと出ている」とたたえる。

 試合の流れは五回で東北楽天に傾いた。それだけに、七回1死二塁の好機で勝ち越したかった。ただ、首位で並ぶオリックスもドロー。相手に先行を許さないという意味では、価値ある引き分けとなった。
(斎藤雄一)

今季初登板で4回5失点だった東北楽天先発の釜田(坂本秀明撮影)
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る