FAQ

認知症治療薬、パーキンソン病の進行抑止に効果も 東北大チーム発表

 東北大の福永浩司名誉教授(神経薬理学)の研究チームは、2017年に開発したアルツハイマー型認知症の治療薬が、睡眠時の異常行動や幻視などをもたらすレビー小体型認知症にも有効であることを確認したと発表した。パーキンソン病など、不用になったタンパク質(変性タンパク質)の脳への蓄積で起こる他の認知症の進行…

残り 356文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る