【更新】仙台七夕、2年ぶり縮小開催 花火は分散・無観客

新型コロナの影響で初の中止となった昨年のまつり期間中の商店街=2020年8月、仙台市青葉区一番町3丁目

 仙台七夕まつり(8月6~8日)を主催する仙台七夕まつり協賛会は2日の役員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、規模を大幅に縮小して開催することを決定した。昨年の戦後初の中止を経て2年ぶりの開催となるが、県境を越えた移動を抑制するため、宮城県外からの来場自粛を呼び掛ける。

 仙台青年会議所も同日、前夜祭「仙台七夕花火祭」(8月5日)を打ち上げ時刻や場所を公表せず、仙台市内の複数箇所で5分程度、無観客で行うと発表した。

 まつりは例年、アーケードがある市中心部の6商店街に大型の七夕飾りが300本ほど並ぶが、今回は約70本程度に減る。高さ2メートル以上に飾り付け、見物客の接触を防ぐ。

 感染防止対策を定めたガイドラインに基づき、事前広報は県内にとどめる。食品の店頭販売はできず、熱中症対策としてふた付きペットボトルに入った水、スポーツドリンクといった飲料のみ扱う。青葉区の勾当台公園市民広場などでのイベントは中止する。

 現在、感染状況を示す政府分科会の区分に準じた基準ではステージ2(漸増)の状況だが、3(感染急増)の対応を取る。今後、4(爆発的感染拡大)となった場合は中止する。

 感染防止対策として、中心商店街の2カ所に検温ゲートやサーマルカメラを設置。警備員を配置して歩きながらの飲食の禁止、マスク着用、手指消毒を呼び掛ける。

 協賛会は3月、開催を目指す方針を確認していた。冒頭のみ公開された2日の会合で、協賛会の鎌田宏会長(仙台商工会議所会頭)は「例年と違う数多くの制約があるが、仙台七夕の伝統と文化を継承し、来年の盛大な開催につなげたい」と話した。

 郡和子仙台市長は「さまざまな願いや希望が込められた特別なまつりになる。安全・安心な開催に市としても力を尽くしたい」との談話を出した。

関連動画

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る