FAQ

RSウイルス、季節外れの感染急拡大 乳幼児に肺炎 宮城県が注意喚起

 宮城県は1日、乳幼児に肺炎を引き起こすこともあるRSウイルス感染症が急増しているとして注意喚起した。第25週(6月21~27日)の県内58医療機関の患者数は1定点当たり7・12人で、過去5年間の同期平均0・57人の約12・5倍。既に2016年以降のピーク時を上回っており、患者が増加する時期も最も早…

残り 167文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る