乳幼児はRSウイルスに注意! 特効薬なし、早急に受診を

 乳幼児が肺炎や細気管支炎にかかる恐れのある「RSウイルス感染症」が宮城県内で急拡大し、県が注意喚起しました。感染拡大の原因や主症状、幼稚園や保育園に登園が可能になるタイミングなどについて小児の感染症が専門の「かわむらこどもクリニック」(仙台市青葉区)の川村和久院長に聞きました。
(編集局コンテンツセ…

残り 986文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ