まるでジャム! ほんのり甘酸っぱいイチゴワイン 宮城のワイナリー探訪(4)

自社農園の新鮮なイチゴでワイン造りに取り組んでいる

 宮城県で造られるワインはブドウだけが原料ではありません。イチゴの産地、山元町にある「山元いちごワイナリー」には、イチゴでできたワイン目当てに足を運ぶ観光客も多いとか。大型栽培ハウスが並ぶ農業生産法人「山元いちご農園」内のワイナリーを訪ねました。
(編集局コンテンツセンター・佐藤琢磨)

ずらりと並んだイチゴワイン。他にブドウで仕込んだものや、リンゴを原料にしたシードルもある=宮城県山元町

 全国的にも珍しいイチゴのワイナリー。創設のきっかけは2011年の東日本大震災でした。

 山元町のイチゴ農家だった社長の岩佐隆さん(65)は、津波で自宅やハウスを流されました。当時、町で県内唯一のワイン醸造所を営んでいた知人も失いました。醸造所はその後廃業しました。

 岩佐さんは11年6月、被災した農業者4人でいちご農園を設立。栽培が軌道に乗ると、知人の遺志を継いで「この地でもう一度ワイン造りを」と立ち上がったのです。

 知人の醸造所はブドウを原料にしていましたが、岩佐さんは農園のイチゴを使い、委託製造を経て16年から自社で醸造しています。

 イチゴワインは、オレンジがかった濃いピンク色。イチゴジャムのような濃厚な香りとイチゴの味が広がります。

 「イチゴのお酒」といえば、蒸留酒に果汁などを混ぜて糖分を加えたリキュールのイメージがありますが、岩佐さんは「全くの別物。原料がイチゴということを除けば、ブドウのワインと造り方は何も変わらない」と言います。

 750ミリリットルのワイン1本に4パック分、約1キロのイチゴを使っているそうです。イチゴの糖度は10~12度とブドウより低く、そのまま仕込むとアルコール発酵に糖分を使い果たし、極辛口になってしまいます。そのため糖分を補い、控えめな甘さに仕上げました。甘みと酸味のバランスが良く、すっきりと飲めます。

赤く大ぶりなイチゴ。ワイン1本を造るのに4パック分のイチゴが必要だ=宮城県山元町

 農園スタッフが宮城大と共同開発したのは甘口、辛口、スパークリングなど5種類。19年は約1万本を販売しました。20年からは新型コロナウイルスの影響で生産量を絞っていますが、県の新品種「にこにこベリー」で造った「咲苺(さきいちご)」は1000本を完売しました。

 ワインによって品種を変え、色や味わいに特徴を出しています。果皮と果肉が紅色の「紅ほっぺ」で赤い色を、「とちおちめ」や県独自品種の「もういっこ」で酸味を加えているそうです。岩佐さんは「将来は宮城生まれの品種だけでワインを造りたいね」と夢を描きます。

 食事に合わせるなら紅ほっぺ、もういっこ、とちおとめをブレンドした「愛苺(まないちご)」(720ミリリットル2840円、360ミリリットル1850円)がお薦めの1本。煮魚や焼き魚、カキフライのほか、中華との相性が「抜群」で、白ワインと同じように飲んでほしいそうです。

 今季のイチゴ狩りは6月で終了しましたが、農園併設のカフェではイチゴを使ったランチやスイーツを通年提供。スパークリング、デザートピザなど「イチゴずくめのメニュー」が楽しめます。

 「イチゴワインなら食前から食中、食後まで楽しめるよ」と岩佐社長はアピールします。食事にもデザートにも合う風味豊かで甘酸っぱいイチゴワイン。ぜひお試しあれ。

山元いちご農園の敷地内、ビニールハウスに囲まれて立つワイナリー=宮城県山元町
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る