ラグビー普及へ 釜石市が専門員制度 SWの元主将を任用

 ラグビーを通じたまちづくりを進める岩手県釜石市は、地元の釜石シーウェイブス(SW)の元主将佐伯悠さん(36)を釜石ラグビー人財育成専門員に1日付で任用した。辞令を受け取った佐伯さんは「多くの人にラグビーの楽しさを伝えたい」と決意を新たにした。

 専門員は市が新たに始める「釜石ラグビー人財育成プロジェ…

残り 324文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ