高校野球宮城大会 東北学院など4回戦進出

 高校野球宮城大会第7日は14日、石巻市民球場と鹿島台中央野球場で3回戦6試合があり、仙台三が7-5でシード校の東陵を下した。このほか東北学院、古川学園のシード校2校と富谷などが4回戦に進出した。

 仙台三は2-5の四回に一挙5点を奪って逆転した。東北学院は6-3で石巻工を退けた。古川学園は7-0で村田に大勝。富谷は中新田に8-0で七回コールド勝ちした。

 15日は石巻市民球場と鹿島台中央野球場で3回戦4試合がある。

東北学院―石巻工 8回表石巻工無死、永沼主将(5)が内野安打を放つ。一塁手木村

東北学院、着々加点 石巻工は反撃及ばず

 【評】東北学院が効率よく攻めた。二回に畠山の左翼線二塁打で先制。三回は今野孝の中越え三塁打などで3点を加え、五回も打線がつながり2得点。石巻工は八回に6連打で3点を返したが、後続を断たれた。

利府が延長戦制す

 【評】利府がサヨナラ勝ち。4-4の延長十回、2死二塁から下村の左中間二塁打で勝ち越した。0-3の二回、石垣の本塁打などで逆転。三回に同点とされたが、四回以降を主戦小森がしのいだ。仙台南はスクイズ失敗や併殺打などで追加点の好機を逃した。

古川学園、零封勝ち

 【評】古川学園が14安打で快勝。一回無死二塁から青沼、伊藤拳の連続適時打で2点を挙げた。その後も、中盤以降、小刻みに加点した。先発後藤は8回無失点の好投。村田は1安打と打線が沈黙した。

富谷が8得点快勝

 【評】富谷が大勝した。一回に浜川の右前打などで2死二、三塁とし、敵失で2点を先取。四回にも加点し六回は浜川、藤田の連続適時打と山崎の2点三塁打で点差を広げた。中新田は要所で守備が乱れ、打線も散発3安打に封じられた。

仙台三、シードの東陵下す

 【評】仙台三が逆転勝ち。一回に加藤の2点中前打で先制。2-5の四回、佐藤千の3点三塁打に敵失を絡めて一挙5点を奪った。3番手小野が無四球で8回無失点の好投。東陵は三回以降打線が沈黙した。

仙台三―東陵 4回表仙台三1死、東陵2番手の熊谷(11)と交代する先発長峰(右)

仙台東、序盤のリード守る

 【評】仙台東が序盤のリードを守り切った。一回に高橋の三塁打と敵失で先制し、さらに金沢、遠藤の適時打などで計4点。六回は二死一塁から伊藤の左中間適時二塁打で加点した。塩釜は、仙台東の5投手の継投に反撃をかわされた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る