初日は108人が予約 仙台市役所本庁舎PCRセンター

内覧会で検体採取の流れを実演する市職員

 仙台市は15日、青葉区の市役所本庁舎1階に、新型コロナウイルスのPCR検査センターを開設した。県内在住の無症状者が対象。事前予約制で市民は1回1900円、市民以外は2100円で受けられる。市役所庁舎へのPCRセンター設置は政令市で初めて。

 センターは旧ギャラリーホールを改修し、南側に専用出入り口を設置した。利用者は検査費を支払った後、八つあるブースに1人ずつ入って同意書に記入し、検体となる唾液を採取する。結果は検査した日の翌々日午前0時までにメールで通知される。陽性の場合は市保健所から電話連絡がある。

 運営は建設業などを展開する木下グループ(東京)が担う。市は庁舎を無償提供するだけで、行政検査とは異なる。開設時間は平日午前8時半~午後5時半。1日最大700人の検査が可能だが、当面は1日最大300人の利用を見込む。予約は木下グループのホームページで検査希望日の5日前から受け付ける。

 検査費の支払いはキャッシュレス決済が原則で、各種クレジットカードや電子マネー、交通系ICカードなどが使える。

 利用開始を前に報道機関向けの内覧会があり、市職員が実演して検査の流れを説明した。初日は108人の予約があったという。

 木下グループの担当者は「ワクチン接種がなかなか進まず、不安な人もいると思う。夏休みの帰省や旅行、出張の前にセンターを利用してほしい」と語った。

PCR検査センターの予約サイト
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る