福島第1原発 1号機格納容器の水位安定 2月の地震後に低下

福島第1原発

 東京電力は15日、2月の最大震度6強の地震で水位が低下した福島第1原発1号機の原子炉格納容器の監視強化を16日に解除すると発表した。地震の影響で容器下部の配管に損傷が生じたため、断続的に注水量を調整していたが、安定状態となったため。

 東電によると、地震前は毎時3トンの注水で溶け落ちた核燃料(デブリ)を冷やしていたが、地震後に元々約1・9メートルあった水位が約1メートル低下した。現在は毎時3・5トンの注水を続け、約1・8メートルの水位で安定している。

 東電は1号機でボート型ロボットを使った格納容器内の水中調査を2022年前半までに実施し、その後は注水量を調整して意図的に水位を下げ、デブリの取り出しに向けた作業に着手する予定。

 水位低下の確認以降、格納容器内の温度や放射能濃度に特段の異常はなく、原子炉建屋外への影響はないという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る