閉じる

震災後初めての海水浴客 気仙沼の大谷海岸、11年ぶり遊泳可に

震災後初のオープンとなった大谷海水浴場

 東日本大震災の津波で被災した宮城県気仙沼市本吉町の大谷海水浴場が17日、震災後初めて開設され、続々と海水浴客が訪れた。

 海岸約2キロのうち震災前とほぼ同じ約300メートルが遊泳区間となった。カラフルなシートやパラソルが並び、波と戯れる海水浴客の歓声が11年ぶりに広がった。

 仙台市から長男(5)や夫…

残り 421文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集