閉じる

廃業旅館をシェアハウスに 福島・楢葉町が移住者誘致拠点

 福島県楢葉町は、町内の廃業した旅館を改修し、移住希望者向けのシェアハウスを整備する。東京電力福島第1原発事故で避難した住民の帰還が頭打ちとなる中、町での暮らしを気軽に体験できる施設を整え、移住者を呼び込みたい考えだ。

 シェアハウスとして活用するのは、JR常磐線木戸駅近くにある旧柏屋旅館。今年秋ごろ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ