熱中症か 山形で高齢の2人死亡 十和田でも1人

 山形県内で17日から18日にかけ、畑や住宅脇で倒れていた高齢の男女計2人が死亡した。熱中症の疑いがあるという。

 村山署などによると、村山市本飯田の畑で17日夕方、近くの女性(83)が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。

 最上広域消防本部によると18日午後、戸沢村古口で親戚宅の草刈りに訪れていた新庄市の無職男性(72)が外で倒れているのを付近住民が発見し、死亡が確認された。

 山形地方気象台によると、17日の村山の最高気温は35・4度で、18日の新庄も36度を超えた。

 青森県十和田市では18日、80代男性が自宅裏の畑で倒れているのが見つかり、心肺停止状態で病院に搬送された。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る