早川合流 楽天が練習再開

本拠地での練習を再開した東北楽天ナイン

 東北楽天は18日、本拠地の楽天生命パーク宮城(仙台市)での練習を再開した。8月13日に始まる後半戦に向け、活動を本格化させた。

 練習には、オールスター戦に出場した島内ら5選手や、東京五輪代表に選ばれてチームを離れた田中将と浅村を除く主力組が参加。打撃練習やノックなどで汗を流した。疲労のため2軍で再調整していた新人の早川も練習に加わった。

 石井監督は「この時期でないと積極的な休養も、積極的なメカニックの調整もできない。この1カ月をうまく使ってほしい」と話した。

 チームは14日に前半戦を終え、2日間のオフを挟んで17日に仙台市の泉練習場で軽めの調整を始めていた。24日に同球場で東京五輪の日本代表の強化試合を行うほか、30日からはエキシビションマッチ9試合が組まれている。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る