「全選手がキーマン」東北楽天・石井監督インタビュー

 前半戦を2位で終えた東北楽天。8季ぶりのリーグ優勝、日本一に向けて、後半戦はより厳しい戦いが待っている。石井監督は「力がないと優勝はできない。この一年はみんなで結束して、しっかりと乗り越えようとして決意して始めた年」と強調する。「全員がキーマン」と語り、個の力に頼らず、総合力で臨む考えだ。「ベンチに入っているみんなが一人一人、一球一球に集中してほしい」とナインの奮起を促す。

西武戦で移籍後初本塁打を放った炭谷(左手前)を笑顔で迎える石井監督=11日、楽天生命パーク宮城

田中将 勝つチャンスくれる投球

 -前半戦を振り返って。
 「大幅にブレークする人もいれば、苦しむ選手もいる。それを補っていくようにチームとして戦っていかないといけないと思う。選手がよくやっているかどうかは、数字だけでは判断できない。レギュラーと控えの差が結構ある。しっかり底上げしたり、レギュラー争いができる選手が出たりしてこないと、厳しいチームではある」
 -田中将、涌井、岸、則本昂ら実績十分の先発陣は前評判が高かった。期待通りの働きと言えるか。
 「すごい投手陣と言われてきたが、現状を見て先発陣がパ・リーグの中で防御率ナンバーワンかといえば、そうでもない。大前提として選手のことは信じているが、冷静な戦力分析はしているつもりだ。先発から中継ぎ、抑えとつないでいくことが、このチームにとって大切なことだと思っている」
 -けがで出遅れた田中将は黒星が先行している。
 「なかなか勝ち星に恵まれていないところは確かにある。援護が少ないとは思っている。それでも、勝てるチャンスをくれる投球はできている。それが一番大事なこと。結果に結び付いていないのは残念だが、今後もしっかりとした投球をしてくれると思う」

辰己や小深田のライバル出てこい

 -浅村や島内らを中心とした打線の現状は。
 「残塁がすごく多いが、そんなにネガティブに捉えることでない。チャンスはしっかりと構築している。ところてんに例えれば、中身をある程度詰めて後は押し込むだけなのだが、今はその押し込みができていないだけ。得点圏では相手の投手も必死になってくる。そこで何とか一本出せるような勝負強さが出れば、がらっと変わってくる」
 -主力の奮闘が目立つ一方で、若手が伸び悩んでいる印象がある。
 「辰己や小深田を期待して起用しているが、逆に言えばライバルがいない。その他の選手に出てきてもらわないと競争意識も生まれない。危機感をもっと強く持ってこれから臨んでもらわないと平凡な成績で終わってしまう。野球をもっと突き詰めて、その場その場の対応力をつけていけば、これからも伸びてくる」
 -五輪中断期間をどう過ごすか。
 「現状ではすごくベストな戦いをしているとは思っていない。これからの1カ月は疲労を少しずつなくす部分と、後半に備える部分の両方が大事になる。1カ月は長いので調整が難しい部分もあるが、前半戦に満足するプレーができていない人は、ここでもう一度、つくり直すチャンスだ」

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る