早川 侍斬りに意欲「力出し切る」日本代表との強化試合登板予定

24日の五輪日本代表との強化試合に登板予定の早川(中央)=18日、楽天生命パーク宮城
1/2

 東北楽天の新人早川が、24日に行われる東京五輪日本代表の強化試合に登板する。チーム最多タイの7勝を挙げる左腕は「自分の出せる範囲の力を出し切りたい」と話し、「スター軍団」との対決を心待ちにしている。
 早川は開幕から先発ローテーション入りし、順調に勝ち星を積み重ねてきた。だが、次第に疲労が蓄積し、6月25日に出場登録を抹消されて2軍で再調整となった。これをネガティブに捉えず、「自分がこの先、長いスパンでやっていく上で大事な期間だと思った。自己分析をしながら練習に取り組んだ」と振り返る。
 五輪中断期間入りに合わせて1軍に再合流。再調整期間中、連戦で落ちていた筋力を戻すなどコンディションは回復しているという。
 後半戦再開まで、エキシビションマッチなど3試合程度の実戦登板が予定されており、その初戦が代表の強化試合だ。「高いレベルを目標に自分もやっている。そういう打者を抑えていかないと、もう一つ上のレベルに進んでいけない」と気持ちを高ぶらせる。
 代表の吉田正(オリックス)ら左の強打者を相手に力試しを挑む。今季は右打者の被打率は2割2分だが、左打者には3割1分1厘と分が悪い。「左打者の被打率をどう抑えていくかを含め、強気で攻めていければ」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

高校野球宮城大会 勝ち上がり表 >>


先頭に戻る