名画のような「あじさい池」 5000本、涼を演出

池一面に浮かべられたアジサイ

 岩手県一関市舞川にある「みちのくあじさい園」で20日、約100平方メートルの池をアジサイでカラフルに覆い尽くす行事「あじさい池」が始まった。25日まで。
 画家モネの作品「睡(すい)蓮(れん)」に着想を得た企画。青、赤、黄色などのアジサイ約5000本が水面を漂う。来場者は若い女性が多く、準備されたアジサイを池に浮かべて涼んだり、「インスタ映えする」と喜びながら写真を撮影したりした。
 兵庫県芦屋市から訪れた料理講師の女性(50)は「現実にモネの名画の世界があった」と感激していた。
 入園料は高校生以上1000円、小中学生200円。連絡先は同園0191(28)2349。

「睡蓮」に着想を得て企画されたあじさい池

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る