FAQ

しつけ名目の暴力防げ リスク優先、早期介入広がる

 相次いだ虐待事件や親の体罰を禁じた法改正を背景に、しつけ名目の暴力を早期に防ぐ動きが広まっている。宮城県内では子どもの110番で親が即座に逮捕されたケースもある。専門家は「手遅れにならないよう関係機関が迅速に対応するようになった」と指摘する。
(白石支局・岩崎泰之)

 子どもが通報した事件は5月、県南…

残り 1218文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る