閉じる

福島再生「新たな担い手」に自治体熱視線 移住促進事業が本格始動

 福島県と復興庁は今月、東京電力福島第1原発事故に伴う避難を経験した12市町村への移住促進事業を本格始動させた。首都圏での新型コロナウイルス感染拡大で地方移住に関心が高まる中、帰還率に伸び悩む自治体は新たな「復興の担い手」に熱い視線を送る。一方、地元からは施策の進め方に疑問の声も出ており、十分な成果…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ