高校野球宮城大会きょう決勝 仙台三-東北学院

 高校野球宮城大会第13日は22日、石巻市民球場で準決勝2試合があり、仙台三と東北学院が決勝に進んだ。

 仙台三は聖和学園を3-0で下した。三回に郡山の右犠飛などで2点を先取し、七回には菅原唯の中犠飛で1点を加えた。投げては先発小野が5安打完封。聖和学園は打線が振るわなかった。

 東北学院は5-4で古川学園に逆転勝ち。0-3の四回に今野隼の中前適時打などで同点とし、直後に勝ち越されたが八、九回に1点ずつ奪って競り勝った。古川学園は中盤までのリードを守り切れなかった。

 仙台三と東北学院の決勝は23日、同球場で午後1時から行われる。

<試合速報>高校野球宮城大会

仙台三、打線に爆発力 東北学院、主戦に安定感

 決勝は3度目の進出で初の頂点を目指す仙台三と、初めて勝ち残った東北学院の顔合わせとなる。ともに勢いがあり、甲子園切符を懸けた決戦にふさわしい好ゲームが期待できそうだ。

 仙台三は1試合平均5・8点。チーム打率は2割4分7厘だが、ここ一番という場面で畳み掛ける力がある。打率4割5分5厘をマークしている尾形が打線をけん引する。計34回を投げて防御率1・06の主戦小野の踏ん張りが勝負の鍵を握る。

 東北学院はチーム打率3割1分6厘と振れている。中軸の及川は打率3割8分1厘、大洞は4割7分4厘と当たっており、2人の前に走者をためたい。下位打線でも9番武田が5割と好調だ。主戦伊東は計27回で防御率1・00と安定している。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る