FAQ

東北学院、一気に頂点 仙台育英敗退の波乱も 高校野球宮城大会・総評

 第3シード東北学院が初優勝を飾り、宮城県の高校球史に新たなページを刻んだ。主戦右腕伊東の好投と強力打線がかみ合い、初めてベスト4入りした勢いで一気に頂点まで駆け上った。

 チーム打率は3割1分9厘。準決勝で決勝打を放った大洞、及川らが打線をけん引した。今大会を通じた伊東の防御率は1・50と安定感があ…

残り 351文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る