おかみ会、観光動画に挑戦 10割増し宿泊券PR

むすび丸と動画を撮影するみやぎおかみ会メンバー=21日、県庁

 宮城県内の温泉旅館37施設のおかみでつくる「みやぎおかみ会」のメンバーが21日、動画投稿サイト「ユーチューブ」用の観光PR動画を県庁で収録した。新型コロナウイルス禍で観光業界が打撃を受ける中、収束後も見据えて情報を発信する試み。第1弾の動画は24日、ユーチューブの「みやぎおかみ会チャンネル」で公開する予定だ。

 収録にはおかみ7人が参加。県民限定で10月以降に使える10割増しの宿泊前売り券(7月31日まで販売)の利用を呼び掛けたほか、各施設や地域の魅力をPRした。仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」も加わり、和やかな雰囲気で撮影を終えた。

 コロナ禍でも先を見据えて情報発信を続け、テレビを見ない若い層にも関心を持ってもらいたいと企画した。

 おかみ会会長で南三陸ホテル観洋おかみの阿部憲子さん(59)は「地域愛あふれるメンバーがハイテンションで撮影した。すぐ旅行するのは難しくても、いずれ出掛けたいというイメージを高めてほしい。皆で力を合わせて宮城の観光PRに努める」と話した。

みやぎおかみ会チャンネル

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る