市民サイクリスト出身の金子「報われた」 自転車女子ロード

 25日にあった東京五輪自転車女子ロードレースに初出場した宮城県亘理町出身の金子広美(イナーメ信濃山形、福島・白河二高出)が、137キロのコースを駆け抜けた。市民サイクリスト出身で遅咲きの40歳は、こつこつと力を付け世界と戦うまでになった。「声援が力になった。報われた」。ゴール後の表情には死力を尽く…

残り 623文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ