台風8号、27日午後にも東北上陸か

 台風8号は26日午後、日本の東の海上を時速約30キロで北西へ進んだ。27日午後に東北地方から関東地方に接近して上陸する恐れがあり、宮城県内は雨や風が最も強まる見込み。仙台管区気象台は土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、高波に警戒を呼び掛けている。

 26日午後3時現在の中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。暴風域はないが、中心の東側600キロ以内と西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。気象庁が統計を開始して以来初めて東北の太平洋側に上陸し、岩手県岩泉町などに甚大な被害をもたらした2016年8月の台風10号と進路が似ている。

 宮城県内は28日にかけて大気の状態が不安定となり、雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。27日は多い所で1時間に50ミリの大雨が予想される。24時間予想雨量は27日午後6時までが150ミリ、その後28日午後6時までは100~200ミリ。

 海上は27日、東寄りの強い風が吹き、うねりを伴った大しけになる見込み。予想される最大風速は海上18メートル、陸上15メートル、波の高さは6メートル。

 気象台は雨や風が強まる前の備えとして、①窓や雨戸をしっかり閉め、必要に応じて補強する②側溝や排水溝は掃除し、水はけを良くしておく③風で飛ばされそうな植木鉢やごみ箱、サンダルなどは固定するか家の中に入れておく―などを呼び掛けている。非常持ち出し品の点検や避難場所の確認も勧めている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る