台風接近で都市ボランティア活動中止 宮スタの五輪サッカー

東京五輪で男女サッカー計10試合が予定される宮城スタジアム=宮城県利府町
男女サッカー計10試合が予定されている宮城スタジアム=宮城県利府町

 台風8号の接近を受け、宮城県は26日、宮城スタジアム(利府町)で行われる東京五輪サッカー女子1次リーグ2試合に合わせて27日に予定していた都市ボランティアの活動を全て中止する方針を決めた。

 県によると、ボランティアの安全確保やJR線の運休で帰宅できない恐れを踏まえた。観客誘導などを担う計約280人に26日夕、電話やメールで活動中止を通知した。

 大会組織委員会は27日午前10時をめどに、試合の可否を見極める方針。対戦カードはニュージーランド対スウェーデン(キックオフ午後5時)、チリ対日本(同午後8時)。

 観客数はいずれも約2000人の見通しだが、荒天でさらに減る可能性がある。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る