FAQ

宮城県のコロナ対応、震災と台風19号の経験生きる 死亡率は際立つ低さ 東北大病院・石井教授インタビュー

 宮城県で新型コロナウイルスへの感染が再拡大している。今春も独自の緊急事態宣言を出し、政府のまん延防止等重点措置が適用されたが、累計感染者数に占める死者の割合(死亡率)は14日時点で0・97%と全国(1・82%)でも際だって低い。県の新型コロナ感染症医療調整本部副本部長で東北大病院総合地域医療教育支…

残り 1739文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る