<仙台いやすこ歩き>(145)土井精菓 レモンパイ/フレッシュさ追い求め

 「なんかこう、すぱーっとして甘いもの食べたくない?」。画伯も大きくうなずき、いやすこメモから出た答えへと、2人は動きだす。

 JR仙石線に乗って30分弱、西塩釜駅で降りて通りすがりの若者にお店の名前を告げると、「すぐそこですよ」と教えてくれる。よく見れば、駅の階段を下りてすぐに「土井精菓」(塩釜市)…

残り 1664文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

仙台いやすこ歩き

土地にはその土地ならではの食があります。自他共に認める「いやすこ(仙台弁で食いしん坊のこと)」コンビ、仙台市在住のコピーライター・みうらうみさんとイラストレーター・本郷けい子さんが仙台の食を求めて東へ、西へ。歩いて出合ったおいしい話をお届けします。

ライブカメラ