台風は明け方、宮城や岩手付近に上陸か

27日午後9時現在の台風8号の進路予想図。黄色い円は強風域(気象庁ホームページから)

 台風8号は27日夜、関東の東の海上を1時間に約15キロの速さで北北西に進んだ。28日明け方から朝に東北の太平洋側に接近し、宮城県や岩手県付近に上陸する見込み。断続的に激しい雨が降るほか、台風の移動速度が遅いため長時間雨が続く恐れがあるとして、仙台管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛ける。

 宮城県内では、29日午前0時まで24時間の予想雨量は多い所で150ミリ。28日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は海上20メートル(30メートル)、陸上15メートル(25メートル)。海上では暴風や高波への警戒も必要となる。

 27日午後9時現在、台風は茨城県水戸市の東約170キロの海上にあり、中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。暴風域はないが、中心の北側500キロ以内と南側390キロ以内という広い範囲が、風速15メートル以上の強風域となっている。

 台風は28日午後に日本海へ進み、夜までに温帯低気圧となる見通し。

 8号は、気象庁の統計開始以来初めて東北の太平洋側に上陸した2016年8月の台風10号と進路が似ている。宮城県、福島県に上陸すれば観測史上初。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る