シェアハウス、和気あいあい シングルマザーなど多様な世帯が交流

 仙台市でシェアハウスがじわりと増えている。10年前は数棟だったが、現在は約20棟ある。先駆けとなった事業者が、積極的にシングルマザーを受け入れるなど多様な世帯が交流し、住人同士の支え合いも見られる。
(生活文化部・安達孝太郎)

談笑する入居者ら。赤ちゃんが来て、以前より和気あいあいになった=仙台市青葉区のコミュニティシェアハウスリバティII

 「座るとぐずるなあ」

 仙台市青葉区にある「コミュニティシェアハウスリバティII」。平日の朝、共用スペースのリビングで、出勤前の男性が笑いながら立ち上がった。腕には生後3カ月の男の子を抱いている。別の部屋に住むシングルマザー、マミさん(仮名、20代)の長男だ。

 マミさんが入居したのは今年2月。離婚を決意して夫と別居しようとしたものの、実家と折り合いが悪かった。一人で出産、子育てをすることに不安を感じ、シングルマザーらの支援団体に相談してリバティを紹介された。

 住み始めて間もなくすると、入居者がさりげなく助けてくれた。出産後は、調理で手が離せない時に子どもを抱っこしてくれたり、美容室に行く時に預かってくれたり。マミさんは「みんなのおかげで、育児疲れとかネガティブな感情が消える」と笑顔を見せる。

 仙台市内の新築シェアハウスの先駆けは、リバティIIより2年早く、2015年にオープンしたリバティIだ。ハウスのシェアマネージャー高橋知子さん(59)が、旧知の会社経営者に提案してできた。現在は3棟ある。

 高橋さんは以前は塾を経営し、今は教育に関わるNPOの代表を務める。活動を通じ、かつて当たり前だった三世代同居が少なくなったことで、他人に共感する力が弱くなっている人が多くなったと感じていた。

 シェアハウスが東京で普及していると知り、「多世代が交流できる場を仙台でも増やしたい」と考えたという。貧困に陥りがちな母子家庭の支援も目標に掲げ、初めてマミさんを受け入れた。

 リバティの家賃は、個室で3万9000~4万9000円(光熱費など共益費は別途1万4500円)。出費が抑えられることが大きな魅力だ。

 IIには0歳から30代まで10人が暮らす。会社員の平野加奈さん(28)は入居後に他世代から学ぶことが増えたという。一つ屋根の下で乳児と暮らしてみて、「こんなに手がかかるんだと思った」と平野さん。「ここで小さな社会を経験できている」と話す。

ライフスタイル変わり需要増

 事業者らでつくる日本シェアハウス連盟(東京)の2020年度調査によると、シェアハウスは全国に約5100棟あり、調査を始めた13年度の約1・9倍になった。

 需要が伸びた背景として、シェアハウスの情報サイト「ひつじ不動産」運営会社社長の北川大祐さんは、晩婚化などライフスタイルの変化を挙げる。既存の単身者向け住宅に満足できない30~40代が、多様なニーズに応えるシェアハウスに目を向けるようになった。女性からの問い合わせが約7割を占めているという。

 一方で、シェアハウスの売りの一つが共用スペースでの交流にあるため、新型コロナウイルス禍の影響で業界は首都圏を中心に逆風を受けている。北川さんは「リモートワークが注目され、最近は地方に目が向いている。仙台の事業者は真面目で良質な物件が多く、伸びしろがある」と指摘する。

掃除やごみでトラブルも

 シェアハウスで起きがちなトラブルは何か。日本シェアハウス連盟の2019年度調査(複数回答)によると、掃除・ごみ問題が約86%と最多で、入居者間や管理側との人間関係が約45%と続く。

 仙台市青葉区のリバティのシェアマネージャー高橋知子さんは以前、極端にきれい好きだった入居女性から他の住人の台所の片付けについて不満を訴えられたことがあった。高橋さんが「自分だけでなく、他人の感覚も意識してみて」と助言したところ、女性は徐々に集団生活に慣れていったという。

 仙台市内でシェアハウスを運営する不動産会社「シェルージュ」のシェアビジネスマネージャー秋田保彦さん(43)は「人によって生活スタイルはさまざま。問題が起きた時、管理者が間に入って角が立たないようにしている」と言う。

 日本シェアハウス連盟専務理事の高橋圭一さんは「管理者の顔が見える物件を選ぶことが、入居後のトラブルを減らすポイント」と説明。その上で「楽しさの半面、煩わしさもある共同生活は貴重な経験になる」と語る。

シェルージュが運営する「シエルハウス土樋」。広いリビングが売りだ=仙台市若林区

[シェアハウス]共用の台所、浴室、家電などと個別の居室を備えた賃貸住宅で、家賃が比較的安い。広い居間があるのも特徴で、入居者が適度に交流できる。共用部の清掃は管理側が定期的に行うことが多い。首都圏には菜園付き、楽器を演奏できる防音室付き、外国人の入居者と交流できる-など多様な物件がある。

河北新報のメルマガ登録はこちら
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

企画特集

先頭に戻る