中小向けコロナ補助金、今年も 宮城県4日まで受け付け

 宮城県は昨年度に引き続き、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した県内の中小企業や小規模事業者を対象に、販路開拓や生産性の向上、感染対策に向けた事業費の一部を補助する。1事業当たりの補助上限は100万円。4日まで申請を受け付けている。
 県内に本社・本店があり、今年1月以降のいずれか1カ月間の売上高が、前年か前々年比で30%以上減った事業者が対象。本社が県外であっても、県が感染対策を認証した飲食店に関する事業は新たに対象とした。
 補助率は3分の2以内で、下限額を昨年度の50万円から30万円に引き下げた。総事業費は約16億2500万円。
 昨年度は飲食業を中心に約2900件の申請があり、計約25億円を補助した。県中小企業支援室の担当者は「コロナの影響が長引いており、引き続きニーズに応えたい」と話す。
 事務局の「みやぎおうえんコンソーシアム」の専用ホームページを通じて申し込む。連絡先は0570(044)030=平日午前10時~午後5時=。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る