けんか七夕、伝統の山車を組み立て 「住民だけで楽しみたい」

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市気仙町に根付く伝統行事「けんか七夕」の山車の組み立て作業が1日、町内の集会施設であった。新型コロナウイルスの影響で祭りは2年連続で中止となったが、地域住民に雰囲気を味わってもらおうと、保存連合会が山車の展示を決めた。

 メンバー15人が、汗だくになりな…

残り 182文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

関連写真特集

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ