2年ぶりの吹き流し、県庁で七夕まつりPR

県庁の正面玄関に飾られた七夕の吹き流し

 宮城県庁の正面玄関に、七夕飾りが取り付けられ、来庁者に涼を届けている。新型コロナウイルスの影響で昨年中止となり、2年ぶりに開かれる仙台七夕まつり(6~8日)をPRする。

 吹き流し6本と竹飾り2本が風に揺れる。コロナ対策として手が届かない高さとなるよう、吹き流しは全長2メートル20センチと例年より65センチ短い。竹飾りの短冊には、コロナの収束や健康への願いが記されている。

 県庁での飾り付けも2年ぶり。七夕まつり終了後の10日まで設置される。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る