閉じる

宮城の医療機関、減収41%、増収34% 5月前年比、県保険医協調査

 新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が前年同期と比べて「減った」と答えた宮城県内の医療機関が約4割に上ることが、県保険医協会の調査で分かった。同協会の担当者は「病院の経営は依然、深刻な状況が続いている」と話す。

 5月の収入が前年同期と比べて「減った」が41・4%、「増えた」が34・5%で「変化な…

残り 373文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ